2006年05月15日

須崎先生にほめられました

獣医の須崎先生(手作り猫ご飯の著者)に、シルバメソッドの講習会でお会いしました。
先代ヴィッキーより、二代目ヴィッキーの方が、被毛が抜けにくいとお話したところ、

「血流がいいんですよ。うまく飼ってますね。」

と、お褒めいただいてしまいました。

エヘン(ちょっと得意顔)。

夫にそのことを話すと、
「毛が抜けないってのは、血流が良いの?」
「さあ?」
「あ、禿にはマッサージして血流を良くしましょうとかいうか。両方とも、毛には違いない。」

と、一人で納得してました。
さもありなん、ですね。
posted by ニャンダフル at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。