2005年12月31日

虫干し

太陽が出ているときは、冬の陽でも、とっても暖かい。
太陽の位置は非常に低いので、部屋の中まで日差しが入り、心の中もホッカホカ。
ヴィッキーは、人間がベランダに洗濯物を干しにいくたびに、しっかり随行して出ていってしまいます。
窓を閉めるときには、ヴィッキーがベランダにいないことを確かめてから閉めます。
そして、一応、外にいないわよねと言いつつ、部屋の中にいるはずのヴィッキーに声をかけます。

普通は、声をかけると、どこかから「ニャー」と言いつつ現れるのに、全然音沙汰なし。
振り向いてベランダを見ると、そこにいないはずのヴィッキーが。

ちょっと日陰の鉢と鉢の間に、ヌクヌクなのよ、といった風情でうずくまっています。
布団の虫干しならぬ、猫の虫干しなんちゃって。
posted by ニャンダフル at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

ヴィッキー、ぶらさがらないでよ

洗濯物を取り込もうと、ベランダの窓を開けたとたんに、本当にいつのまにか素早いヴィッキーは出ています。
それは、もう、今まで知らずに、ヴィッキーをベランダに残していたのかと一瞬思ったほど。
太陽が出ているうちは、まだ暖かいから、窓をほんのちょっぴり開けっ放しにしていてもいいけれど、暗くなってきたらもうダメです。
冷え冷えとした空気が流れ込んで、快適とはほど遠い環境に。

だから、ヴィッキーを中に入れようと手招きしてみるけれど、たった今出たばかりの猫は戻ろうとはしません。
チョイチョイ(手招き)、しらんぷりする猫。

もう、

片手で持ち上げようとするには、太めのボディの猫だから、バランスが悪くて、つり上げられる猫としてはしっかり人間に抱きつきたい。
だから、私の着ていたセーターにしっかり爪をたてて、半分ぶらさがり状態です。
posted by ニャンダフル at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

大阪の猫のつづき

大阪のショップの猫大阪の道具屋筋の中は、いろいろな料理関係のお道具を売っていておもしろい。

その中の一軒に、本当の猫が丸くなって眠っているようなクッションを売っていました。

とってもよくできていて、遠目で見ると実物みたい。
猫を買っている人が作ったのか、猫を観察する眼が鋭い人が作ったのか、いずれにしてもなみなみならぬリアリティー。
いくつも並んでいると可愛いでしょう。

でも、私は買いませんでした。
猫をお尻の下敷きにするのは、何だか忍びないので。
posted by ニャンダフル at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

大阪の猫

osakacatup.jpg本物の猫が眠っているところに値札をつけたジョークか、
本当に売り物の猫なのか、どう思いますか?

本物のはずがないって?

ふふ、続きは明日のお楽しみということで。
posted by ニャンダフル at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

ヴィッキーの視線の先

ヴィッキーがベランダでじっと見ているその視線の先には、ジョボジョボ流れる水の流れ。

私が植物にあげた水が鉢からこぼれ、それが溝に沿ってチョロチョロ流れます。
あちこちの鉢から流れ落ちてきた水が行き着く先は、丸く開いたトイへの入口。
集まってくる水が合流する地点では、小さな渦をまいてクルクル動く流れが発生します。

それを飽きずにじっと見つめるヴィッキー。
猫の見ているものを猫の視点まで下げて見てみると、いろんなおもしろいものを見ていることに気づきます。
posted by ニャンダフル at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

ププ、巣穴みたい

とりこんだ洗濯物をそのままにして、出かけて帰ってきたら、ヴィッキーが洗濯物の上にいた証拠の穴がしっかりあいていました。
その穴は猫が洗濯物にそのまま上から乗ったへこみのような穴ではなく、まるで狸の巣穴やきつねの巣穴。あれこれらの動物の巣穴ってあったっけ。

ボールが入っていたようなくり抜いた穴の形ができあがっていたのでした。
洗濯物の上に乗られても、思わず、笑っちゃうようなユニークな穴。

いったい、どうやってその形を作ったんでしょう。
土気分で掘っちゃったんでしょうか。
posted by ニャンダフル at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ジャ〜ンプ

休日の朝、寝ぼけ眼でカーテンを開けました。
さっきから、ヴィッキーは早く起きろと座ったまま動かないでポーッとしていた私の上に乗っかってきてはうろうろしていました。
カーテンが開くと、ベランダに出られるかと毎度窓辺にやってきて期待していても、寒ーい冬の朝、いくら太陽がすでにお出ましになっていても開けたくありません。
そこに、いきなり、ヴィッキーはカーテンに向かって

大ジャーンプ!!

久しぶりに距離の長いジャンプを見ました。
その記録、110cm。
先代ヴィッキーなら、なんということはない記録でも、二代目にとっては珍し〜い。
posted by ニャンダフル at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

モモンガアのイメージ

朝からヴィッキーは忙しい。
タッタッタッタッと走る合間に、ビヨーンとジャンプしています。
ジャンプしながら走っているといってもいい状況。
体が大きくなったとはいえ、子猫だった頃の、

『ももんがあ』

といいつつ(そんなイメージ)、飛んでいる白い小さな生き物。
そんな記憶が蘇ります。
猫って、ほとんど垂直にジャンプするんじゃなかったっけ。。。
posted by ニャンダフル at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

タオルミーナの猫

italycastlecat.jpgシチリア島、タオルミーナの高台にお城があります。
その城下町のとあるショップを覗いていると、道端を横切って猫がそのショップに入っていきました。
posted by ニャンダフル at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

猫はヒモが好き

朝、トイレに行った後、ヴィッキーの1回分の食事を冷凍庫から取り出しレンジにかけます。
その間、私は布団の上で『太陽礼拝(らいはい)のポーズ』。
と〜っても、ゆっくり、体が起きるように、アキレス腱を伸ばし、背骨を曲げたり伸ばしたり。
山のポーズをとっているとき、ヴィッキーは毎朝、私の下を駆け抜けて行きます。

今朝は猫パンチが出てきたので、自分が半天を来ているのを思い出しました。
寒くて冷え込んでいる冬の朝、綿入れを来なければ、とても布団から起きられません。

半天のヒモをかけていないので、ブラブラ。
それに向かって、チョイチョイと前足が出てきます。
ヴィッキーが遊んでいるので、胸をつける次のポーズのところで、ヴィッキーをつぶしそうになりました。

すんでのところで、人の足の間をかいくぐり、ユーターンして、再び私の前にやって来たヴィッキー。
やだなあ。次のポーズはコブラなのよ。
頭を持ち上げたときに、猫の顔がすぐ目の前にあるから、猫パンチが出てくるんじゃないかとヒヤヒヤします。

太陽礼拝のポーズは、伝統的に朝方行われるアーサナで、太陽を両手で仰ぎ見たり、お辞儀をしたり、ひれ伏したりするいくつものポーズからできています。
posted by ニャンダフル at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

シーサー混んでますねえ

先週も、今日もシーサーにアクセスしようとすると、時間がかかり、タイムアウトしたりしています。
お昼休みにアクセスしようとする人が増えたのかしら。
再構築をかけても、えんえんと時間がかかり。。。。。。

昼寝しそうになっちゃいます。

無料のブログを提供しているサイトは数あれど、シーサーは容量もそこそこ大きいし、HTMLやCSSの編集もできるし、アフィリエイトをしやすい環境にあるということで、なかなかのところだと思っていたんですが。

無料のところは、人も自ずと集まるので混雑するのは当たり前ですが、サクサク書けないとイライラがつのります。
posted by ニャンダフル at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

猫は耳ざとい

例によって、ポカポカ暖かいベランダに出ていたヴィッキーちゃん。
部屋の扉につけているチャリンチャリンというウィンドチャイムの音にすぐ気づいて、こちらに振り向きました。
本当は、風に吹かれるとチリンチリンと良い音を奏でるチャイムですが、自然の風が吹くところにおいたら案外うるさい。
風の強い日なんぞ、ご近所さんに、はた迷惑を起こすこと必至です。
かといって、何にも鳴らないのはつまらないので、玄関ではなく部屋の扉につけています。
グレゴリアン・チャイム・ソプラーノという、とても響きの良い音をだすチャイム。

ヴィッキーは、人間が移動するときに、この音が鳴るのを知っているのです。
だから、ベランダにいても人間の動向をキャッチしていたというわけ。

この記事を書いていて、チャイムの名前がおぼろげだったので、ネームをひっくり返して見ていたら、またチャリンチャリンとチャイムが鳴って。。。。

お昼寝中で丸くなっていたヴィッキーは、また、何事かと、むっくり起き上がりました。
posted by ニャンダフル at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

何を舐めてるの

vickyname.jpg紙くずかごに入った、紙だかビニールだかをペロペロ舐めているヴィッキー。
こういう訳のわからんものを舐めているときって、何をしたい動作なのでしょう。
葉っぱの代わりというわけでもなさそう。
posted by ニャンダフル at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

シチリアのとびら猫

DucaleCat.jpgイタリアのシチリア島にあるタオルミーナ。
高台のホテル、ヴィッラ・ドゥカーレの部屋は、衣装だんすや洗面所の小物類がとっても個性的。
その部屋のドアに書かれていた絵が、この写真です。

どうです、味があるでしょ。
ちょっと、ヴィッキーに似てるかな。

posted by ニャンダフル at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

チェコの子猫

litoscat.jpg
チェコのリトミュシュルのお城の敷地内から、現れた子猫ちゃん。
お母さんは三毛かしら。
posted by ニャンダフル at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

チェコの猫その1

czechcat.jpgチェコのリトミュシュルのお城の敷地内を歩いているとき、
後ろの建物から綺麗な猫が出てきました。
posted by ニャンダフル at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

ソファに埋まってるわね

vickysofa.jpg

床にマッサージマットレスを敷いて、本を読みながらマッサージ。

さあ、終わった、と、ふと上を見ると、

ヴィッキーが私の上から眠そうな目で、下を見下ろしていました。

posted by ニャンダフル at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

グルグルグルプチップチッ

私が眠りにつこうとしている、その頭の上でヴィッキーはグルグルグル、その合間にプチップチッという音を出しています。グルグルはいつも聞いているリラックスしているときに出す音だけれど、このときどき聞こえて来るプチップチッは、一体?

眠い眼を再び開いて、音のする方向に顔を向けると、
ヴィッキーは私の脱いだセーターの上にしっかりうずくまり、
セーターに向かってグーパーグーパーしているではありませんか。
一瞬、それを制止しようとしましたが、
そこを退いてもまたやって来て同じことをするかもしれません。

こちらも眠い。
まっ、いいか。
普段着のセーターだし。

と、完全に熟睡モードに入ることにしました。
それにしてもおかしい。人間に向かってではなく、セーターにするなんて。
posted by ニャンダフル at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

お外にいたら寒いでしょ

vickyijike.jpg

お外は結構寒い。
なのに、ヴィッキーはベランダに座り込んで部屋の中を見てる。
何だかイジケ猫みたい。

posted by ニャンダフル at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

グーパーグーパー

テレビを見ながら、ちょっと、うとうとしている私の膝に、いきなりヴィッキーが飛び乗って来ました。そして、またまた私の右腕の方に向きを変え、グーパーグーパー、前足を握ったり開いたり。
グーパーグーパーは、ちょっと久しぶりですが、人の上腕二頭筋に、とっても強い力でグーパーするので痛いこと痛いこと。
お母さんのオッパイを揉む子猫のときの習性が残っている動作だということですが、しばらくお休みしてたのに、また復活ですか。
posted by ニャンダフル at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。